トップページ

京都あちこち写真集 かみやすめ

vol.9 桜の季節 2002

今年は3月の末から桜の開花が始まりました。今、京都はあらゆる場所で、桜の見頃を迎えています。

華やかで豪華絢爛なのに愛らしく楚々として潔い。桜の花は、なぜか人の心の深い部分を揺り動かす力を持っています。桜の咲く国すべてでそうなのかわからないけれど、日本の国の人は、桜の花に共鳴する場所を心の中に持っています。古くから日本人に愛されてきた桜は、歴史の街京都には、歴史の数だけ桜がある、といえるほどその数が多いのです。

桜の木の下で繰り広げられてきたであろう血なまぐさい出来事も、切ない出来事も、みんな知っていて、なお清らかに咲き誇っています。

賀茂川の桜
賀茂川
遠景に大文字山が見えます
賀茂川の桜
賀茂川

賀茂川と高野川の2本の川は今出川通より南で1本の鴨川となり、京都の街を南へと流れていきます。広くて緑の多い川岸は、北から南まで市民の憩いの場となっています。川岸からは北と東の山並みが望め、川の中には小魚の群れが見えることもあり、その獲物をねらってユリカモメや白鷺、トンビ、鴨などの鳥たちもやってきます。この川は京都人にとっての大きな財産のひとつです。

平安神宮大鳥居
平安神宮・大鳥居
桜 賀茂川の桜
賀茂川
対岸は植物園
二条城の桜
二条城・西側
疎水の桜
冷泉通り横の疎水

京都には明治時代に琵琶湖から水をひくための疎水がつくられ、山科〜蹴上〜南禅寺〜岡崎〜川端通〜鴨川へと流れています。疎水沿いには多くの桜が植えられ、春の景色は格別です。

平野神社の桜
平野神社
平野神社の桜
平野神社

2002年4月撮影

Googleマップを確認